「doors」で必須キャンプ用品をチェック!

 

「doors」

「doors」 サイドメニュー
「doors」 キャンプ料理
「doors」 怪我をしたら
「doors」 用具紹介
「doors」 注意事項
「doors」 注意事項
 
 

「doors」 キャンプ料理

キャンプ場での定番メニューといえばやっぱりバーベキュー(略してBBQ)ですよね。
最近ではBBQもケータリングしてくる方が多くなってきていますが、
キャンプ場をもケータリングにすることだってできます!
しかし、料理自体は簡単だけどなかなか炭に火がつかない・・。などそんなトラブルもよくありますよね。

そんなときのために、このページでは炭火の作り方ご紹介します。

その1:着火剤を使用

着火剤は通常二種類有り、固形、ジェル状などの種類があります。これは真ん中に着火剤を置き、周りに炭を並べていきます。その際にはぎっしりと並べるのではなく、空気が通るように隙間を空けます。後は着火剤に火をつけて、じっくり待つだけです。注意する点はジェル状の着火剤を後から追加することは絶対にしてはいけません。手で持っている着火剤に引火して一気に爆発してしまいます。それでもなかなか炭に火がつかない人の多くは、やたらと炭をいじる人が多いようですがこれは間違いです。一度、着火材に火をつけたらあとはじっと我慢なのです。なによりもそれがポイントです。炭をやたらに移動させたりするのは極力やめましょう。着火材と炭をちゃんとした配置にしてあれば火を付けて、あとは見ていなくても確実に火はつきます。

その2:チャコールブリックスを使用する。

このチャコールブリックスとは、木炭の粉を固めて(丸くして)その周りをロウが付いた紙(黒色)で覆われている物です。約半分程度の大きさに切り(手で簡単に切れます)バーベーキューコンロのそっと中に入れ、その周辺には炭を並べます。炭はあまりびっしり並べないで隙間を空けて空気が入りやすいように並べます。そして、チャコールブリックスに点火します。これはマッチ1本でいとも簡単につきます。その後はひたすらに団扇で仰ぐ・・・・なんてことはしなくても大丈夫です。ただただじっと待っていれば約10分もすると炭に完璧に火が付きます。チャコールブリックス自体も中には木炭が入ってますからそれだけでも使用出来ますが大きさが小さいのでやはり別に着火剤として利用するのがおすすめです。この欠点は最初、ロウを塗った紙が燃えきるまでの間に白い煙が多いことです。しかし完全に燃えてしまったら全く出ませんので使用上の問題はありません。

◆BBQの必需品

1.炭 − 太さが色々なものが必要です。

2.バーベキューコンロ

3.ストーブ、代えの燃料 − シングルバーナーで十分です。

4.タープ − 日差しを防げます。

5.テーブル・イス、ビニールシート

6.アイスボックス

7.まな板、包丁、料理ハサミ、串、フライかえし、オタマ、ボウル、菜箸

8.タッパー − 半調理品を持ち込め、余ったものを持って変えれます。

9.栓抜き、缶きり、コルクスクリュー

10.軍手、チャッカマン(ライター)、着火剤、新聞紙、火バサミ

11.ポット、鉄板、網、(飯ごう、ダッチオーブン、鍋、スモーカー)

12.濡れふきん、濡れティッシュ、キッチンペーパー、アルミホイル、ジッパー付きビニール袋

13.皿、フォーク、スプーン、箸、コップ、お碗

14.肉、野菜、タレ、紅茶、油、塩、コショウ、醤油、ケチャップ、ソース、ドレッシング、香辛料、パン、米(あきたこまちがオススメ!)

15.お茶、ジュース、アルコール飲料

16.ポリタンク、水 − できれば20リットル程度

17.ゴミ袋、亀のこタワシ、金タワシ、洗剤、布バケツ

18.上着、代えの下着、代えの服、タオル

19.防虫スプレー、蚊取り線香

20.カメラ、携帯電話

21.レインウエア、サングラス、帽子

22.カットバン、傷薬、下痢止め、目薬、保険証、ティッシュペーパー

23.地図、筆記用具

※その他、アウトドアで遊びたい道具(トラウトルアーや釣り道具、クライミングシューズなど計画たてておきましょう!)

Valuable information

北区・梅田駅すぐの当探偵事務所は年中無休です。

探偵に大阪で依頼

雨の日のサービスとしてオリジナルの傘を作りませんか?

名入れ傘の専門店

Last update:2016/10/19

「doors」 キャンプ